毛穴の良し悪しの差

毛穴が綺麗な人・汚い人の違いは?

世の中には毛穴が綺麗な人もいればすっごく汚い人もいます。この大きな差の秘密って単純で日頃のスキンケアにあるんですよね。洗顔、化粧水、保湿。肌が綺麗な人はしっかりと保湿ケアまで行っていてお手入れが上手いです。逆に毛穴が汚い人は間違ったスキンケアや肌に合っていない化粧品を使っています。毛穴が綺麗な人のスキンケアテクニックを見ていきましょう。

キレイ毛穴を作る秘訣は洗顔から!

近くで見られても平気なキレイで目立ちのない毛穴を作るための第一歩が洗顔です。洗顔はスキンケアの効果を高めるためのいわば、登竜門。毛穴が汚い人の特徴は汚れの詰まり、角質による毛穴の広がりなどによるものです。これって正しく洗顔をしていれば落とせるもの。毛穴がキレイな人は吸着力、洗浄力、自分の肌に合った洗顔を使っていて泡で優しく洗顔をしています。洗顔では皮脂や古い角質を除去することが目的。これをしっかりとできているのが毛穴キレイな女性の人なんですよ!ねっ特に難しいことってしてないんです。

化粧品はできるだけ抑える

知ってますか?
肌に触れる回数が増えれば増えるほど負担を与えてダメージが蓄積されていきます。それが過剰な皮脂分泌に繋がったり、シミやシワの原因になったりします。特に化粧品をたくさん使う人はそれだけ肌に触れる回数が増えてきます。実は毛穴がキレイな人は使う化粧品もシンプル。洗顔後は化粧水と保湿美容液だけって人が多いです。極度の乾燥肌でない限りはこの2つのケアだけを意識しておけば肌の徐々に環境を良くしてくれるものです。

使う化粧品にこだわりを持っている

毛穴、肌がキレイな人って自分の使う化粧品にこだわりを持っています。また正しい知識やスキンケアを知っている人が多いんですよね。保湿ではセラミドと呼ばれる皮膚科学的には最高とされる保湿成分を含んだ美容液やクリームを使っているケースが多いです。また色々なトライアルセットを試していて自分の肌にどういった成分が合うのかも熟知していますね。キレイな肌を手に入れるには自分の肌を知ることから。まずは洗顔と基礎化粧品周りを見直して毛穴のキレイな女性を目指していきましょう。